ライン

ホワイトサンズ国立モニュメント

ライン

ニューメキシコの大自然&国立公園

ホワイトサンズ国立モニュメント

訪れる人が誰でもその規模と不思議な美しさに驚嘆するニューメキシコ秘蔵の国立公園です。広大な大砂丘に風が創り上げた風紋、そして夕焼けがもたらす幻想的な色彩の変化は、言葉では表現しがたいほど魅惑的です。
■公園時間:季節により異なります。詳細はここをクリック。

テントロック国立モニュメント

コチティインディアンプエブロに近接した比較的新しい国立公園です。インディアンの言葉で「カシャカトゥエ」と呼ばれ、ヘメス山脈の火山灰が積もり固まった地層を自然が円錐形に創り上げたランドスケープです。ハイキングコースもあり、一日サンタフェ郊外観光に最適です。
詳細はここをクリック。

テントロック

ネイティブアメリカン

タオス プエブロ

ユネスコ世界文化遺産登録のプエブロです。700〜800年前から現在に至るまで、同じネイティブアメリカン(タオスプエブロ族)が住み続けている村で、新しい国アメリカでは大変貴重な文化遺産です。ネイティブアメリカンの遺産は、他にもメサベルデ、チャコキャニオン、(いずれもユネスコ世界遺産です。)やバンダリア、アズテック、アコマがあります。

詳細はここをクリック。

タオスプエブロ

チャコ文化国立歴史公園

アメリカ合衆国には、ユネスコ世界文化遺産に登録されたものが8つありますが、そのうち3つがネイティブアメリカン(インディアン)関連のもの。チャコキャニオンはその一つでプエブロインディアン先住民の貴重な文化遺産です。10世紀前後の最盛期には、メキシコとの交流も盛んであったようです。

詳細はここをクリック。

チャコキャニオン

アコマ プエブロ

緻密なデザインのポッテリーで有名なアコマプエブロは、外敵からの防御のために地上100M程のメサの上にあります。メサに登り、かつてインディアンたちがしていたように自然との対話を経験してください。、プエブロ見学はプエブロの運行するツアーに参加する必要があります。

詳細はここをクリック。

アコマプエブロ

プエブロインディアンのお祭りとカルチャーセンター

一般公開されるインディアンのお祭り=フィーストでは、一日中インディアンのダンスが見学できます。詳しくはカレンダーをご覧下さい。


また、アルバカーキにあるインディアンプエブロカルチャーセンターでは、殆ど毎日インディアンダンスのデモンストレーションがあります。

インディアンダンス

映画ファンにお薦め!

ニューメキシコは映画が発明されて以来深いかかわりがあり、現在でも毎年10本前後のハリウッド映画やTV番組の撮影がされています。アカデミー賞を獲得した作品をはじめ、映画ファンには見逃せない数々の有名な映画のシーンが撮影されています。
ロケーションサイトの情報はここをクリック。

UFOで知られるロズウェルの街

1947年のロズウェル事件で一躍世に知れたUFOの街。怪しげなUFO博物館やUFOグッズのお店があります。

UFO博物館

ホワイトサンズ

カールスバッド国立公園

ユネスコ世界自然遺産登録のアメリカが世界に誇るの国立公園です。メインは地下約200Mに空いた巨大な空間ビッグルーム。地底探検ものの映画では、ここをイメージして作られたものが殆どです。ナチュラルエントランスと呼ばれる自然の入り口と公園事務所内にあるエレベータの二つの方法で見学が可能です。時間のある方は、公園レンジャーのガイドツアーがお薦めです。
また、通常5月頃から10月末頃までの間、数十万匹にのぼるコウモリの大群が洞窟から飛んで出る光景を見学することが出来ます。サンタフェから車で6時間、エルパソからは、約3時間の距離。
■公園時間:季節により異なります。詳細はここをクリック。

鍾乳洞

グランドサークルとニューメキシコ

ニューメキシコ州、アリゾナ、ユタ州にまたがるナバホ族のリザベーションには、モニュメントバレー、キャニオンデュシェそしてアンテロープキャニオンなどの観光スポットがありますが、これらのグランドサークルへのアクセスポイントとしてサンタフェやアルバカーキがとても便利です。コロラドの人気スポット・メサベルデ国立公園やグレートサンズデューンズ国立モニュメントへも同様です。

モニュメントバレー

モニュメントバレー

モニュメントバレー

おすすめのニューメキシコの美術館&博物館

サンタフェ、アルバカーキの美術館や博物館。自由時間があれば是非チェックしたいお勧めサイトです。

ジョージアオキーフ美術館

一般に日本人にはあまり知られていない近代画家の巨匠ジョージアオキーフの美術館です。サンタフェ郊外のアビキュ村やゴーストランチで半生を過ごしたのでニューメキシコは彼女に大変関係の深い場所なのです。彼女の個性的で衝撃的な作品をご覧ください。

インディアンアート文化美術館

ネイティブアメリカンとりわけプエブロインディアンのアートや文化を知る絶好の場所と言えましょう。質問があれば、キューレーターに尋ねることも可能です。隣には、WheelWright美術館もあります。

ニューメキシコ州歴史博物館

新館と合わせ、嘗ての総督府が博物館の一部になっています。アメリカの歴史を角度を変えて観ることができる貴重な博物館です。

アルバカーキの自然科学歴史博物館

アルバカーキのオールドタウンから歩いて行ける場所。恐竜関係の博物館として、全米でも評価の高い博物館です。それもそのはずで、ニューメキシコ州は三畳紀、二畳紀そして白亜紀の3紀の地層が露出しているアメリカでも珍しい州の一つなのです。この博物館で展示されている化石も多くは、同州から発掘されたオリジナルが展示されています。

Copyright (C) Santafevisitguide.com. All Rights Reserved.

ホームページテンプレートのpondt